SUPER GT 2005 SERIES

大会名:2005 AUTOBACS SUPER GT Rd.6 FUJI GT 300km RACE
開催場所:富士スピードウェイ(静岡県駿東郡小山町)
開催日: 9月24日予選、25日決勝(23日公開練習日)
観客動員者数:決勝日44,800人、予選日20,800人
レース距離:4.563km×66周
天候:曇り(決勝日)
路面状況:ドライ、気温25度/路面温度27度(スタート直前)

 2005年スーパーGの第6戦は、今シーズンリニューアルオープンをとげた

新生富士スピードウェイで5月の第2戦に続いて2度目の開催となる。レースウイークは

今回も連休となった。決勝日、曇り空ながら台風の影響の強風下でのセッションとなった。

ここでの#7は1分44秒238と5番手。満タンでの決勝走行に向けて手応えを感じるポジションとなった。

トップはここでも0 NSXの43秒720となっていた。午後2時10分、大観衆を前にフォーメーションラップから

66周の300kmレースがスタート。スタートで7の山路はポジションを上げ9位でオープニングラップを終える。

20周目には8番手とし23周目には5番手まで浮上。他車のピットインもあり31周目には4位までポジションを

上げる。33周目で7はピットストップ、後半戦の井入にステアリングを預ける。

8番手から9番手のポジションをキープしていた7だったが

残りわずかとなった55周目のダンロップコーナー手前で7はマシントラブルからストップ。

54周を走行していたため最後尾での完走の扱いとなる17位という結果になった。

第2戦ではマシントラブルから20周でレースを終えてしまうこととなったこの富士では

苦戦を強いられるようだ。山路慎一「4番手ぐらいまで上がっていたけれど、

あんまり良いレースじゃなかったですね30佐々木孝太や27宮川やすおが目の前で

スピンしたし、黄旗のタイミングも良くなかった。ストレートが遅かったから9モスラーとかに先に

行かれてしまったんです。あれがなければZとかに追いつけていたんですが・・・後半はトップグループとも

離されずに走れたんですが、今回はツキや流れが悪かったですね。マシントラブルはベルトが

飛んでポンプがとまってオーバーヒートが起きてしまったようです。次のオートポリスでは

そういうことがないように悔いのないレースがしたいです」

 次戦は10月15〜16日の第7戦、大分県日田市のオートポリスでの開催となる。

 

※ 下記写真クリックで拡大します。 

001 002 003 004 005 006 007
             
008 009 010 011 012 013 014
             
015 016 017 018 020 021
             
023 024 027 025 026
Copyright(C)2005 RE Amemiya Corporation. All rights reserved.