SUPER GT 2005 SERIES

大会名:2005 AUTOBACS SUPER GT Rd.4 SUGO GT 300km RACE
開催場所:スポーツランドSUGO(宮城県柴田郡村田町)
開催日: 7月23日予選、24日決勝(22日公開練習日)
観客動員者数:決勝日50,300人
レース距離:3.704256km×81周
天候:曇り(決勝日)
路面状況:ドライ、気温30度/路面温度37度(スタート直前)

 第4戦は、6年連続で5月に開催されていた宮城県のスポーツランドSUGOで、

例年はフォーミュラが開催されていた7月末のこの時期に初めてのレースとなる。

#7雨宮アスパラドリンクRX7は、ここSUGOでは2001年に優勝を挙げており、

2003年にも3位表彰台を獲得するなどコースとマシンの相性では

セパン、オートポリスと並び期待がもてる。アップダウンにとんだコースは

シーズンオフの間にコース改修を行い路面の舗装が新しくなった。その分、

タイヤに対するグリップは上がりラップタイムは向上するが、

タイヤのライフでは厳しい面も予想される。

迎えた決勝日、スタートから#7の山路は順調にレースを展開。

オープニングラップでは1つポジションを上げた3位でコントロールラインを通過。

9周目にはトップの#0NSXがスローダウンし、#27Vemacに次ぐ2番手のポジションを

キープしていた。500クラスのトップが11周目に入ったところで、

最終コーナー先で#87ランボルギーニがクラッシュし炎上。

このためレースは赤旗中断となり10周目までを第1パートとして残り68周での

第2パートのレースが行われることとなった。第2パートは序盤3番手のポジション

となるが#13Zをパスし、再び#27に続く2番手のポジションにつける。

13周目には見事#27をパスしトップを快走!30周目にピットインし山路から井入に交代。

40周目には#0に続いて2番手に再浮上。だがミシュラン勢の猛追から苦しい後半の

レース展開となり、60周目には5番手を走行するのが精一杯となった。

結果は4位でフィニッシュ。8ポイントを獲得してトップに18ポイント差のランキング6位とした。

山路慎一「久しぶりに快調なレース展開ができました。ここ2レースの悪い流れを払拭できたし、

自分のパートを気持ちよく終えていい仕事ができました。トップも走れたしね。

まあGT500に抜かれた周回数の差で2位のはずが4位になっちゃった

不運もあったんだけど、ルールだから仕方ないよね。

(レースの)後半はミシュラン勢のタイヤがよかったね。ボクが乗っていてもかなわないと思う。

タイヤを含めていろいろ課題はありますね」
 

次戦は9月3〜4日の第5戦、栃木県ツインリンクもてぎでの開催となる。

 

 

※ 下記写真クリックで拡大します。 

001 002 003 004 005 006 007 008 009 010
                   
011 012 013 014 015 016 017 018 019 020
                   
021 022 023 024 025 026 027 028 029 030
                   
031 032 033 034 035 036
Copyright(C)2005 RE Amemiya Corporation. All rights reserved.