SUPER GT 2005 SERIES

 

大会名:2005 AUTOBACS SUPER GT Rd.1 OKAYAMA GT 300km RACE
開催場所:岡山国際サーキット(岡山県英田郡英田町)
開催日:3月26日予選、27日決勝(25日公開練習日)
観客動員者数:決勝日59,100人、予選日25,200人
レース距離:3.703km×82周
天候:曇り(決勝日)
路面状況:ドライ、気温17度/路面温度19度(スタート直前)

 2005年JGTCからスーパーGTへとその名を変えた7雨宮アスパラドリンクRX7は、

2シーズン目を迎える山路慎一と井入宏之のコンビでの参戦となる。

 迎えた決勝日、気温8度/路面温度9度という寒さに見舞われる。

スタートで7の山路は5位、4周目には4位、18周目には3位、さらには19に次ぐ

2位とポジションを上げる。35周目には5番手まで浮上した。

40周目に山路から井入に交代。タイヤ交換、給油とピットでの作業を終える。

6番手で復帰し、64周目に19セリカのスピンから4位に浮上。

65周目にはトップの0、13Zに次ぐ3番手のポジションまであがった。

69周目燃費に苦しむ0NSXをとらえ2位に浮上し77周でチェッカーとなった。

山路慎一「クルマが速いんじゃなくて、ラッキーな2位でした(笑)。序盤は、いつものように

前のクルマについていくのがいっぱいいっぱいのきびしい滑り出しで、ハードな走りに

なってしまいました。クルマの挙動を見ていたんですが、みんなトラブルがあったみたいで、

セリカ(19)もタイヤがきつそうでしたね。いつも通り自分のペースをキープした結果、

2位になりました。相棒の井入君もがんばっていいレースをしてくれました。チームも

本領発揮してくれましたね。去年はクルマ(の速さ)で勝たせてもらいましたけれど、

今回はドライバーもチームもいいレースができました。(シーズンが)終わったときに

いいところにいられればいいですね」井入宏之「しんどかったですけれど、ウチはタイヤが

(コンディションに)合ってたんでそのへんはラクやったですね。最後にタイヤがツラくなるのは

わかっていたんで、温存作戦をとっていたのがよかったです。

最後は前後(のクルマとの位置関係)を見ながら走ってましたけれど、前も後ろもいるから、

バトルになってしまいました。ペースはあれで精一杯でした。いい勉強になったレースです」

 次戦は5月3〜4日の第2戦、静岡県富士スピードウェイでの開催となる。
 

※ 下記写真クリックで拡大します。 

001 002 003 004 005 006 007 008 009 010
                   
011 012 013 014 015 016 017 018 019 020
                   
021 022 023 024 025 026 027 028
Copyright(C)2005 RE Amemiya Corporation. All rights reserved.