2004全日本GT選手権

 

大会名:2004 AUTOBACS JGTC Rd.7「SUZUKA GT 300km」
開催場所:鈴鹿サーキット(三重県鈴鹿市)
開催日:11月20日予選、21日決勝(19日公開練習日)
観客動員者数:決勝日36,500人、予選日14,500人
レース距離:5.807km×52周
天候:晴れ(決勝日)
路面状況:ドライ、気温18度/路面温度22度(スタート直前)

 2004年JGTC第7戦(最終戦)は、今シーズンも三重県鈴鹿サーキットでの開催となる。

 晴天で迎えた決勝日、気温12度/路面温度13度という冷え込みとなった。

#7は山路の走行からスタート。決勝レースのスタート予定は14時。

青空のもとで行われた最終戦は大勢の観客に見守られ、直前の気温は18度、

路面温度は22度まで上がった。1周のローリングの後スタートシグナルが点灯し、

52周のレースの幕が開いた。今回もスタートドライバーは山路がつとめる。

15番手からスタートの#7は14位でオープニングラップを終え、5周目では15番手10周目では

14番手、15周目で15番手と淡々と周回を重ねる。24周目を終え、11番手でピットストップし

井入宏之に交代するが、29周目にバックストレートでスロー走行から緊急ピットイン。

なんとコースの人工芝がインダクションボックスの金網を突き破って入って来る

というトラブルに見舞われ、これを排除したところ正常にエンジンは再び息を吹き返した。

47周を走りきったが1回多く入ってしまったピットストップで18位完走と言う結果に終わる。

「クルマとタイヤのマッチングは良かったし、思ったよりも良いペースで走り続けられたん

ですが、来年へ向けての課題を残したレースでしたね。タイヤのライフが厳しかったし、

前後の他のピットとのやりとりもあって、今回はレースの真ん中でのピットストップ作戦

だったんです。ボクのパートはほぼ問題なかったんだけどね・・・」と悔しそうな山路。

「バックストレートで井入君が乗っていて200km/hぐらいで人工芝を拾っちゃったんですね。

ついてないですね。今回はレースウイークの流れが悪すぎた。でも今シーズンは2勝

出来たのでそれだけでも満足です。ただ、勝った次のレース、最終戦はカッコ悪過ぎ

でしたね(苦笑)」と河野エンジニア。55ポイントを獲得したが、シリーズランキングでは

ドライバー、チームランキングともに4位の成績となった。

全7戦の2004年シーズンは幕を閉じた。
 

※ 下記写真クリックで拡大します。 

001 002 003 004 005 006 007 008 009 010
                   
011 012 013 014 015 016 017 018 019 020
                   
021 022 023 024 025 026 027 028 029 030
                   
031 032 033 034 035 036 037
Copyright(C)2004 RE Amemiya Corporation. All rights reserved.