2004全日本GT選手権

 

第4戦 十勝スピードウェイ [GT300クラス]予選14位 決勝10位

大会名:2004 AUTOBACS JGTC Rd.4 「HOKKAIDO GRAN GT Championship」
開催場所:十勝インターナショナルスピードウェイ(北海道河西郡更別村)
開催日:7月17日予選、18日決勝(16日公開練習日)
観客動員者数:決勝日31,300人、予選日10,500人
レース距離:3.40587km×79周
天候:晴れ(決勝日)
路面状況:ドライ、気温30度/路面温度46度(スタート直前)

 

7はマレーシアで見事に今季初優勝を遂げたが、そのマレーシアへ向かう船への

積み込み直前にSUGOラウンドでのポールポジション獲得などの理由から15kgの

ハンデウエイト以外に50kgの性能調整うウエイトハンデが課せられることとなった。

そして、マレーシアラウンドでの優勝を受けて、さらに50kgの性能調整が課せられる

こととなってしまった。通常のJGTCレギュレーションでの55kgに加えてさらに100kg

もの性能調整ウエイトハンデを抱えての十勝ラウンドとなってしまった。

決勝日、朝9時から30分間のフリー走行が行われた。今日も好天のコンディションとなり、

気温28度/路面温度33度という暑さが続く。7は井入宏之の走行でスタート。

2周目に27秒217から始め、5周目に1分22秒763とした。トップは31MR-Sの

1分21秒101だった。決勝レースは、定刻の14時にフォーメーションラップが開始。

気温30度/路面温度46度の暑さだ。今回はスタートドライバーをつとめた井入は、

35周を走り、13番手で山路にバトンを渡す。レース後半、山路は55周目には11番手まで

浮上し、7は82周を走りきり10位でチェッカーを受けた。

「正直なところ、主催者の『速いクルマは遅くする』ということは、選手権で戦う権利が

なくなっちゃうんじゃないかという気持ちにせられますよね・・。

セパンで勝って応援に来てくれたロータリーファンは、また表彰台に上がることを

楽しみに来てくれてるんです。熱い応援を送ってもらって申し訳なくて。

『なんで今回はこんな順位なんだろう?』ってお客さんは思うんだろうけど、

なかなか説明が難しいんですよね。まあ、1ポイントでもとれたから」とは山路。

※ 下記写真クリックで拡大します。 

001 002 003 004 005 006 007 008
               
009 010 011 012 013 014 015 016
               
017 018 019 020 021 022 023 024
               
025 026 027 028 029 030 031
Copyright(C)2004 RE Amemiya Corporation. All rights reserved.