2004全日本GT選手権

 

第一戦 TIサーキット [GT300クラス]予選10位 決勝11位

大会名:2004 AUTOBACS JGTC Rd.1 GT Championship in TI
開催場所:TIサーキット英田(岡山県英田郡英田町)
開催日:4月3日予選、4日決勝(2日公開練習日)
観客動員者数:決勝日58,500人、予選日28,500人
レース距離:3.703km×82周
天候:雨/曇り(決勝日)
路面状況:ウエット/ドライ、気温13度/路面温度16度(スタート直前)

朝8時30分から30分間のフリー走行が行われた。雨が降る中、気温7度/路面温度10度

という寒さに見舞われる。開始7分で500クラスの37スープラがクラッシュし赤旗中断。

15分ほどの中断の後にセッションは再開された。ここでの7は1分48秒050と9番手。

「雨でもドライセットのまま乗れちゃうクルマで、傾向はドライと同じですね。雨になるとは

思わなかったけど(苦笑)開幕戦だから予測のつかない部分があって、リスクが

大きいですよね。雨の方が良いのかもしれなしけれどリスクなくレースがやりたいですよ」と

決勝レースを前に山路は語った。天気予報に反して雨が降り続いたため、サポートレースで

スピン、クラッシュが相次いだ。このためスケジュールは15分ほど遅れ、午後2時15分、

大観衆を前にフォーメーションラップがスタート。ウエットコンディションとなり4周にわたって

ペースカー先導の走行となった。5周目のスタートで7の山路は8位、8周目には7位と

ポジションを上げ、35周目には5番手まで浮上した。40周を走りきった山路から井入に交代。

タイヤ交換、給油とピットでの作業を終える。11番手で復帰し、ドライコンディションの中

走行を続ける。「路面はドライでした。そんなにプッシュせずに様子を見ていたんですが、

思ったよりもタイヤがきちゃって、ペースを上げられず10位でポイントをとりたかったんですが

スピンせずに走るのがやっとでした・・・。練習の時につかんだ感覚とまた違ってしまったんで、

乗り方を分析してみます」と初のJGTCレースにデビューを果たした井入。「6番手ぐらいで

渡せたんですけれど、ロータリーは燃費も良くないので他と比べて10秒以上ピット作業に

時間がかかるんですね。井入もテストはかなり良い走りをしていたんだけど、結果的には

ペースが2〜3秒遅かった。リアタイヤがなくなっちゃったみたいですね。次は新車ですし

セブンにもボクにも女神が微笑んでくれる菅生ですしね(笑)」とは山路。

次戦は5月22〜23日の第2戦、宮城県スポーツランドSUGOでの開催となる。

※ 下記写真クリックで拡大します。 

01

02

03

04

05

06

07

08

09

10

11

Copyright(C)2004 RE Amemiya Corporation. All rights reserved.