2003全日本GT選手権

 

最終戦 鈴鹿サーキット 予選17位 決勝6位

2003 AUTOBACS JGTC Round. JAPAN SPECIAL GT CUP

大会名:2003 AUTOBACS JGTC Rd.8 SUZUKA GT 300km
開催場所:鈴鹿サーキット(三重県鈴鹿市)
開催日:11月15日予選、16日決勝(14日公開練習日)
観客動員者数:決勝日34,000人、予選日14,500人
レース距離:5.807km×52周
天候:晴れ(決勝日)
路面状況:ドライ、気温23度、路面温度25度(スタート直前)

午後2時、34,000人の大観衆を前にフォーメーションラップがスタート。気温23度、路面温度は

25度と晴れ間も見えるコンディションでの戦いとなった。7は大井のドライブとなり、

オープニングラップは17セリカがピットスタートとなったこともあり、15位でスタート。

23周目まで大井が9番手まで浮上しピットストップを行い、タイヤ交換と燃料補給を行う。

大井から松本へとドライバー交代をし、28周目には10番手まで復帰。他車の脱落もあり、

46周目には6番手にポジションをあげた。クラストップの19セリカが49周を走り、

7は1周遅れながら6番手で入賞を果たした。「(S字で単独スピンしてストップしていた)

55バイパーは無線でも教えてもらったんですけれど、前で69ポルシェがスピンして

25スープラもそれに誘われて『オッ!』って思ったけれど69が居なくなってよかった

(笑)ストレートは、やはりダンゴになってスリップに入ってても抜かれるからつらい…。

予選で働けなかった分を決勝で働けてよかった。谷口と組めたのも1年勉強になりましたし、

8年選手の松本選手と組めたのも良かった」と大井。「序盤はタイヤをもたせたんですけれど

後半はやはりズルズルでアクセルを合わせて前のクルマを抜くだけでした。コーナリングは

良いけれど立ち上がりで離されるから厳しいですね。ヘアピンで31が目の前で

ハーフスピンしたり、他車とのちょこっとした接触はありました。2のNSXと5のVemacを

抜くのに手こずりましたね。6位に入れてみんなが喜んでくれて嬉しいです」と久々のRX-7

でのレースとなった松本。「前がつぶれたのはあるけれど、6位で終わってよかった。

松本、大井両選手が頑張ってくれました。ルーティーンのピットで隣の39スープラと交錯して

30秒以上ロスしてしまいました。ウチが最初に入れるからって事前に話していたのに…、

こんなんで満足はしたくないですよ。まだ、来季のことは決まりませんけれどできれば

ニューシャシーを投入したいですね」と河野エンジニア。 

※ 下記写真クリックで拡大します。 

02

03

04

05

08

07_1

07_2

07_3

07_4

07_5

09

10

11

Copyright(C)2003 RE Amemiya Corporation. All rights reserved.