2003全日本GT選手権

 

第五戦 富士スピードウェイ 予選19位 決勝リタイヤ 

●日時:2003年8月2日〜3日
●場所:静岡県 富士スピードウェイ(1周/4.470km)
●天候:晴れ〜曇り(決勝日)
●気温:31℃(決勝日)
●コースコンディション:ドライ
●観客数:51,000人(決勝日)

 曇りの朝となった決勝日。気温27度、路面温度32度と朝から蒸し暑さを感じるコンディション。

午前8時20分から予定どおり行われたフリー走行で、7は1分35秒024とクラス15番手の

タイムをマークした。タイムスケジュールどおり、気温31度、路面温度43度のレースウイークで

最も気温が上昇したコンディションで午後3時にレースのスタートが切られる。

ローリングから大井貴之のドライブで7はスタートを迎え、16番手でオープニングラップを

終える。3周目には17番手、6周目には18番手とポジションを落としてしまうが、7周目には

15 BMWとサイド・バイ・サイドの状態で好バトルを展開する。だが、15がBコーナーで

ハーフスピン。ここがチャンスと飛び込んだが、2台は接触してしまい惜しくもレースを

終えることとなってしまった。「Bコーナー進入で、目の前を走っていたBMWがスピンをして、

それと当たってしまったんです。もっと前に行けていたら問題なかったんですけれどね・・・」と

大井は悔しい一言。「レースなんでこればかりは仕方ない。どこかで流れを変えないと

いけないし、残り3つ全力でやります。間近に迫った(8月6−7)もてぎの合同テストは

直せないことはないですが、パーツが足りないところもあるのでお休みして、良いところが

見つかると信じてやっているエンジンのテストを続けます。マシンの旋回性能が上がりすぎて、

フリクションロスになっている部分もあるので、トータルにクルマを速くする方向で考えます。

チームはみんな不平不満を言わずにやっていますし、今年中に1回でも勝つつもりで

何かやります。富士よりはマシなもてぎ、それと照準を合わせているのは

オートポリスと鈴鹿ですね」と河野エンジニア。

※ 下記写真クリックで拡大します。 

001

002

003

004

005

006

007

008

009

010

Copyright(C)2003 RE Amemiya Corporation. All rights reserved.