2003全日本GT選手権

 

第六戦 ツインリンクもてぎ 予選14位 決勝14位

開催場所:ツインリンクもてぎ(栃木県芳賀郡茂木町)
開催日:9月13日予選、14日決勝(23日公開練習日)
観客動員者数:決勝日45,000人、予選日14,000人
レース距離:4.801km×63周
天候:晴れ(決勝日)
路面状況:ドライ、気温34度、路面温度47度(スタート直前)

午後2時、45,000人の大観衆を前にフォーメーションラップがスタート。気温34度、路面温度は

47度と昨日をしのぐほどの暑さの中での戦いとなった。7は谷口のドライブとなり、

オープニングラップはほぼグリッドどおりの15位でスタート。だが、他車との接触から9周目に

緊急ピットイン。さらに、30周目にルーテーィンのピットストップを行い、タイヤ交換と燃料補給

を行う。谷口から大井貴之へとドライバー交代をし、500クラストップが63周を走りきった時点で

チェッカーとなり、300クラスは59周でレースは終了。7は56周を走りきり14番手で完走を

果たした。「V字コーナー立ち上がりで37スープラにはじかれた。ホイールが割れてパンク

したんだ。最初は自分のミスかと思ったけれど、車載のビデオで確認したら自分が悪いのでは

ないことが判った。この暑さでタイヤもブレーキも油温も水温もブレーキも厳しくて、全然良い

走りができなかった。オートポリスはレースは初めてだけど、マレーシアチックで好きな

コースだから期待しています」と次戦へ気持ちを切り替える谷口。「前半に谷口が苦戦して、

集めた情報でペースを決めたけどギリギリって感じでした。ブレーキがつらかった。

今回は金曜日からメニューがこなしきれていなかったですね。『とにかく完走しよう』って1から

出直した第一歩のレースでしたね。オートポリスは15年ぐらい前のプレオープンの時に

イベントで行きましたし、チューニングカーなんかで何度か走っています。キライではないコース

ですね」と大井。「スタートしてすぐに水温が100度、油温も140度まで上昇してしまいました。

オイルクーラーの容量を大きくしたりしたんですが、この暑さにはこの程度はダメでした。

去年のマレーシアでは大丈夫だったんですが、今年のフラットボトムによる影響が

でていますね。ブレーキのフェードも出てしまい、パッドの良い悪いではない温度管理も

問題でした。金曜日からまともにロングができていなくて、合同テストの2時間のセッション

でのロングができていなかったんでそれはハンデになりました。30分の走行を4本では

わからないことなんですね。今回も10周までは起きていないんですよ。15周を過ぎて出た

症状なので、明らかなテスト不足でした。完走も喜べるかどうか…。実力差がありすぎます。

何もなければ10位以内に入れたとは思いますが。オートポリスはノントラブルで入賞

できるようにマシンのモデファイに頑張ります」と河野エンジニア。

※ 下記写真クリックで拡大します。 

 

001

002

003

004

005

006

007

008

009

010

011

012

013

014

Copyright(C)2003 RE Amemiya Corporation. All rights reserved.