2003全日本GT選手権

 

第四戦 富士スピード・ウェイ 予選19位 決勝23位

●日時:2003年7月12日〜13日
●場所:静岡県 富士スピードウェイ(1周/4.470km)
●天候:曇り/雨(決勝日)
●気温:20.0℃(決勝日)
●コースコンディション:セミウエット〜ウエット
●観客数:41,000人(決勝日)

 霧の朝となった決勝日。気温19度、路温20度と肌寒いウエットコンディション。午前8時20分

からの予定が5分遅れで行われたフリー走行で、7RX7は46秒120とクラス8番手のタイム

をマークした。「水を吸ってエンジンが吹けなくなってしまいました。大井さんが行って

計測2周ぐらいでスリップに付いたら水が入ったようです。このぐらいの雨で確認できました」

と河野エンジニア。再び出てきた霧のためにタイムスケジュールは遅れ、当初の予定の30周

と50周のレースは20周と30周に減らされることとなった。気温20度、路面温度21度の

セミウエットコンディションで午後2時20分から第1レースのスタートが切られる。

路面コンディションは微妙で、雨宮勇美監督はギリギリのタイミングでスリックタイヤを

選択しようとしたが、既にチームスタッフはグリッドから引き上げており7は大井貴之選手の

ドライブで、レインタイヤでのスタートとなった。次第にコースは乾きインターミディエイトは

用意されていないアドバンタイヤユーザーとしては、溝の深いレインタイヤではタイムが

ドンドン落ちてしまう状況となった。5周目にピットインしスリックへのタイヤ交換を行った。

だが、このピットアウトの時にスピード違反のペナルティを受け、ドライブスルーを課せられた。

このため7,8位で終えられたレースは惜しくも12位でのチェッカーとなった。16時過ぎの

スタートとなった第2レース。コンディションは雨、ウエットとなった。ローリングからスタートを

迎えたとき、300クラスのトップのマシンが500クラスと近づきすぎたことに気づき減速。

これを避けようと後続で多重クラッシュが発生し5マッハ号と71MRSがレースを

終えてしまう。ここに不運なことに7も巻き込まれ、谷口選手はなんとか他車のクラッシュは

避けたもののダートに飛び出し、コンクリートウォールにヒット。左フロントサスペンションを

傷めてしまいリタイヤとなった。1レースのポイント19を得た7だったが総合では23位の

成績となった。「明らかなトップのスタートミスです。あの程度で済んだのが幸いかもしれまん。

98年の事故の再来のような大きなアクシデントになっていたかもしれません。

次のレースに向けて、今月中に仕様変更のエンジンのベンチテストを行います。結果が

よければもう少し次の富士ではいいところにいけると思います」と河野エンジニア。

2レースでの総合優勝は55バイパとなった。ーとなった。

※ 下記写真クリックで拡大します。 

 

03_in_fuji_01

03_in_fuji_02

03_in_fuji_03

03_in_fuji_04

03_in_fuji_05

03_in_fuji_07

03_in_fuji_08

03_in_fuji_09

03_in_fuji_10

03_in_fuji_022

03_in_fuji_014

03_in_fuji_019

03_in_fuji_020



Copyright(C)2003 RE Amemiya Corporation. All rights reserved.