2003全日本GT選手権

 

第七戦 オートポリス 予選5位 決勝完走[20位]

2003 AUTOBACS JGTC Round. JAPAN SPECIAL GT CUP

大会名:2003 AUTOBACS JGTC Rd.7 JAPAN GT in KYUSHU 300km
開催場所:オートポリス(大分県日田郡上津江村)
開催日:10月25日予選、26日決勝(23日合同テスト、24日公開練習日)
観客動員者数:決勝日43,900人、予選日10,460人
レース距離:4.674km×65周
天候:晴れ(決勝日)
路面状況:ドライ、気温19度、路面温度25度(スタート直前)

 
朝8時45分から30分間のフリー走行が行われた。気温10度、路面温度13度とかなり低い

コンディションとなった。「満タンでのクルマのバランスはまあまあいいです。

タイムは気にしていません」と河野エンジニアの言葉の現すように、7は10番手の57秒878

とした。午後2時、44,000人の大観衆を前にフォーメーションラップがスタート。

気温19度、路面温度は25度と昨日をやや上回る気温での戦いとなった。

7は谷口のドライブとなり、オープニングラップはグリッドからやや後退した7位で

スタート。34周目まで谷口は引っ張り2番手でピットストップを行い、タイヤ交換と燃料補給を

行う。谷口から大井貴之へとドライバー交代をし、再び5番手まで復帰するが48周目の

最終コーナーを目前にしてマシンがスピンしストップ。クラストップの71セリカが61周を走り、

7は20番手のギリギリ完走扱いという結果になった。

「かなりクルマのバランスも良かったんで、前車まであと1秒のタイムを見てコンマ5秒差まで

行ったんですが、煙がモクモク出てきて最終コーナー手前でバキッと右のリアサスペンションが

いってしまい突然スピンしてしまいました。

こういうコースならまだまだセブンで戦えると言うことがわかったし、最終戦に向けては

良かったです」と大井。「今年はホントに流れが悪かった。チーム最後の仕事だったけれど、

自分の仕事はちゃんとこなせて大井さんに渡せた。来年に向けての意味もこめて、

悪い流れをリセットしにマカオのギアレースに行って来ます」と

今年の最後のレースとなった谷口。

 

※ 下記写真クリックで拡大します。 

001

002

003

004

019

006

007

009

010

011

012

013

014

015

016

017

018

Copyright(C)2003 RE Amemiya Corporation. All rights reserved.