2004 D1 GRAND PRIX SERIES 

大  会  名:2004 D1 GRAND PRIX SERIES  ROUND 5   
開 催 場 所:東京都・お台場特設コース
開 催 日 :9月18・19日
観客 動員者数:8,455人(決勝日)
天 候:晴れ
路 面 状 況:ドライ

 2004 D1 GRAND PRIX SERIES 第5戦は東京都・お台場特設コースにて行われた。

予選は、決勝日の2日前に、栃木県・日光サーキットで、非公開で開催された。

エントリー人数は77人。そのうち決勝に進める枠はわずか20人。ここで敗退すると、

お台場で走ることさえできないという厳しいサバイバル戦だ。ところが、この予選が

大波乱となった。末永の走行直前の車両が走行中にエンジンブローを起こし、審査区間の

コース上にオイルをまいてしまった。その処理のために石灰がまかれたのだが、

その石灰のラインにまどわされてしまった。スタッフと連絡を取りながらコースの状況を

教えてもらい考えた結果、オイルに乗ってスピンやコースアウトするなら、ラインを少し

外して決める作戦に出たのだが、ラインが小さくなってしまい予選敗退してしまった。

Aグループの半数以上、Bグループの8割近くが敗退という大波乱になってしまった

 第5戦の翌日には、オールスター戦が開催された。選出されたのは、『VIDEO OPTION』

のアンケートハガキによる人気投票で上位だった20名。そして、審査員長特別推薦により、

通常はD1審査員を務める織戸学が、21人めの選手して特別参加した。オールスターは、

通常のD1の本戦日と同様に、1回戦の単走からスタートした。エンジントラブルにより

リタイヤとなり、20名で追走トーナメント進出枠を争うことになった。予選エントリー台数63台

+シード10台が走行、11時から予選が始まった。予選前のドライバーズミーティングにて

審査員より審査ポイントの発表があった。短い区間で振りっ返しが必要なこのコーナーは、

思いのほかテクニカルだった。通常の感覚で大きな角度をつけて1コーナーに飛び込むと、

スピードが落ちすぎて、観客席に近い2コーナーで迫力が出ない。また、1コーナーでの

ライン取りや、振りのタイミングにミスがあると、2コーナーでクリップにつくことが

できないという難しさがあった。末永は「自分のイメージとは若干違っていた為に、

練習走行で合わせてみたのだが、なかなか言われたラインに乗せる事が出来ずにあせりが

出始めてしまった」とコメント、練習で納得がいく走りが出来ないまま予選が始まった。

予選走行3本の内、1、2本目は練習走行の大きな角度の有る走りで、3本目は審査員に

言われたラインで走ろうとしたのだが、振り返そうとしてもリヤが滑り出したら戻ってこない

ために、2コーナーのクリップに寄せ切れなかった。予選通過23台、ギリギリで通過する

ことが出来た。ゼッケン10番台の選手も審査員の言われたラインに乗せられてず走行3本と

もキレイにまとめる事が出来た選手は多くなかった。

 22日の決勝は、前日シード選手が練習走行にてクラッシュリタイヤした為、

シード選手9名に予選通過選手23名を加えた計32名で始まった。練習走行が2セッション

行われ、末永は「前日予選のときを思い出しながら、自分なりに走りをいろいろと変えて

みたのだがうまくいかなかった」とコメント。走りに迷いを残しベスト16に挑む1本目は

予選同様の走りをしたのだが、2コーナーで1車種程の間が開きインに付けず、ラインを

狙った2本目は2コーナーでシフトミス、3本目は1コーナーで角度を付けすぎ失速してしまい

3本同様本来の走りが見られず1回戦で敗退した。


次戦、第5戦は東京都・お台場特設ステージ(9月18・19日)にて行われる。

※ 下記画像クリックでおおきくなります。

000 001 002 004 005 006
           
007 008 009 010 011  

Copyright(C)2004 RE Amemiya Corporation. All rights reserved.